フリーアナウンサーの加藤綾子が自身のインスタグラムを更新。インターネット上では、インカメラを使った自撮り写真に苦戦する様子が話題になっている。

 

■友人からのプレゼントに大喜び


10日にインスタグラムを更新した加藤は、「友人から手作りクロスステッチもらっちゃいました」とコメントを添えて、2枚の写真をアップ

1枚目は、今年の干支であるイノシシの刺繡が施されたクロスステッチを手に持った自撮り写真、2枚目はそのクロスステッチだけを撮影したものだ。

加藤は、友人からの素敵なプレゼントを「上手。そしてかわいい」と絶賛。「大切に飾らせてもらいまーす」とつづった。

 

■「2019」が「eros」に反転

また、加藤は投稿に付けられたハッシュタグで、「2019のとこ『eros』になっちゃったよ」「写真、なんで反転するのかな。正しくは2枚目をご覧ください」とコメント。1枚目の写真で、「2019」が反転して「eros(エロス)」になっていると訂正した。

この反転した写真にファンは一瞬驚いたようで、投稿には「焦った」「びっくりした」などのコメントが寄せられている。

「焦った。2019の文字が裏返しだったのね。erosに見えた(笑)

 

2019って書いてあったのですね。erosと書いてあると思って、びっくりしちゃいました」

 

2019の文字が反転してるから、erosって一瞬見えちゃって、えっ? って思ってしまったことを謝罪します(笑)

 

「なぜエロス? と思ったら裏なのね!」


■自撮りが苦手だと以前にも言及

今回の投稿で、スマートフォンのインカメラに苦戦していることが窺える加藤。以前の投稿でも、「自撮り難しい」ともらしていた。


 

■SNSで自撮りを公開する人は自意識過剰?

しらべぇ編集部では、全国20~60代のSNSを使っている男女637名を対象に、「自撮り写真」について調査を実施。その結果、全体のおよそ4割の人が「SNS自撮りを公開する人は自意識過剰だと思う」と回答した。

 

(©ニュースサイトしらべぇ)

自撮りSNSに投稿しているものの、その使い方に苦戦している加藤。そうした天然な部分も、多くの人から支持されるポイントなのかもしれない。

・合わせて読みたい→加藤綾子、そっくり芸人と2ショット披露 圧倒的美貌にファン「並ぶと全然違う」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年8月26日2016年8月29日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー637名(有効回答数)

加藤綾子「エロスになっちゃった」と報告 インスタの自撮り写真にファン驚愕


(出典 news.nicovideo.jp)

加藤 綾子(かとう あやこ、1985年4月23日 - )は、日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。 埼玉県三郷市出身。身長166cm。 家族は両親と2歳上の兄。 国立音楽大学附属高等学校、国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。LE
46キロバイト (6,694 語) - 2018年12月24日 (月) 12:39


いいですね!

<このニュースへのネットの反応>