ワーナー・ブラザースプロジェクトアニメーション映画二ノ国』製作発表および主演発表会見が9日、都内で行われ、俳優の山崎賢人が主人公“ユウ”の声優を務めることが発表された。声優初挑戦となる山崎が、作品にかける強い意気込みを語った。

 本作は「妖怪ウォッチ」や「レイトンシリーズなどを手がけたレベルファイブの人気ゲーム二ノ国」を、同社代表の日野晃博が製作総指揮・原案・脚本、スタジオジブリスタジオノックなどで数々のアニメーションを手掛けた百瀬義行が監督を務め、劇場公開版アニメ化。3人の高校生たちが、現実と隣り合わせなのに全く違う“もう一つの世界”=二ノ国を行き来する姿を描いた物語だ。

 音楽を久石譲が務めるなど、超一流のクリエイターたちが顔をそろえる中で大役を担うことになった山崎は「初めての声の挑戦が、こんなに素晴らしい方々とご一緒できることは、恐れ多いという気持ちもありますが、とても光栄です」とやや緊張気味にあいさつ

 子どものころからアニメーションが好きで、声だけでいろいろな感情を伝えられる声優という仕事に対して「尊敬のまなざしを向けていた」と語った山崎。そんな「すごいこと」に挑戦することについて「まさか声のお仕事をいただけると思っていなかったので驚いていますが、チャレンジしてみたいという思いもあったのですごく嬉しい」と破顔すると「脚本を読んだとき鳥肌が立つほど面白かった。初めての経験でどんな工程が待っているのかまだわかりませんが、楽しみながら、素敵な『二ノ国』を作り上げていきたい」と抱負を語っていた。

 山崎の起用理由についてワーナー・ブラザース小岩井宏悦プロデューサーは「ユウは現世である一ノ国と二ノ国では全く違う、ふり幅の大きな役。山崎くんは『オオカミ少女と黒王子』でご一緒したのですが、他の作品でもさまざまな顔を見せる、いまの若手ではナンバー1の演技力を持つ俳優だと思っています。この企画は10年以上の歳月を費やしており、演じてもらうなら若手ナンバー1の俳優にこだわりたかった」と説明した。

 世界的に人気のゲームが原作となっているだけに、世界配給も視野に入れている大規模なビッグプロジェクトだという。山崎は「想像もできない、自分の中ではファンタジーの出来事ですが、とにかく全力で頑張りたい」と強い視線で語っていた。(磯部正和)(山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記)

アニメーション映画『ニノ国』は2019年夏全国公開

声優初挑戦にして大役を担う山崎賢人


(出典 news.nicovideo.jp)

二ノ国』(にのくに、「二」は漢数字である)は、レベルファイブが発売したコンピュータRPGのシリーズ。スタジオジブリが制作協力している。音楽は久石譲が担当。続編に『二ノ国II レヴァナントキングダム』がある。 『二ノ国 漆黒の魔導士』(にのくに しっこくのまどうし)は、2010年12月9日に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。
25キロバイト (3,648 語) - 2019年2月9日 (土) 15:00



(出典 news.walkerplus.com)


いい作品ですね!

<このニュースへのネットの反応>