芸能ニュースまとめネット

2chのアイドル・女優・モデル・タレント・ミュージシャン等の芸能ネタを中心にワイドにまとめています。
貴方の気になるニュースを見つけて下さい。

    カテゴリ:俳優 > 男優


    俳優のムロツヨシさん(42)が2018年12月15日未明、出演していたドラマ「大恋愛」(TBS系)が最終回を迎えたことを受けて、相手役の戸田恵梨香さん(30)とのツーショット写真をインスタグラムで公開した。

    感謝の気持ちを連発したムロさんの投稿に、コメント欄にはドラマ振り返りながら「号泣しました」との感激の声が相次いでいる。

    「運命だと思う」

    ムロさんは写真に感謝の気持ちを添えて

    ありがとう、大恋愛、
    ありがとう、皆さん、
    ありがとう、尚ちゃん、
    ありがとうスタッフのみなさん、
    ありがとう、共演者のみなさん、
    ありがとうえりかちゃん、」

    と、「ありがとう」を連発して投稿。「尚ちゃん」とは、戸田さんの役名だ。10月12日からのドラマ放送期間中、「この人の笑顔を観に来てください」といったように夫婦役を務めた戸田さんとのツーショット写真を投稿してきていた。

    ムロさんはドラマ放送直前にもインスタグラムを更新。

    「この人の笑顔をみるために、やっていた、さー、まもなく最終話、ぜひに、」

    と、ポーズをとる戸田さんの写真を投稿していた。無事ドラマ放送も終わり、満面の笑みをたたえる2人の写真を投稿し、締めくくった。

    コメント欄には、

    「本当にお2人の演技が大好きです。この作品大恋愛が大好きです。沢山の感動をありがとうございました

    と、感激の声が寄せられた。一方、今回の夫婦役の好演ぶりから「この二人が見れなくなると思うと寂しい」といった声も上がっている。また、こんな淡い期待の声も。

    「本当に結婚して下さい!!絶対お似合いだし、運命だと思う」
    ムロツヨシさん(2015年4月撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    『大恋愛』のムロツヨシは「横顔」で女性視聴者を魅了した NEWSポストセブン - NEWSポストセブン
    キャスティングはドラマの生命線だが、意表をつく人選で成功した作品といえばこれだろう。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。
    (出典:NEWSポストセブン)


    ムロツヨシ(本名非公開、1976年1月23日 - )は、日本の俳優、コメディアン(喜劇役者)。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。ASH&Dコーポレーション所属。 4歳のときに両親が離婚、親権は父になったが父は別の女性と親密になったため、5歳上の姉と共に親戚のもとで育つ。横浜市立神大寺小学
    55キロバイト (6,970 語) - 2018年12月13日 (木) 12:26



    (出典 rakubisin.net)


    いいですね!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【俳優】感謝の言葉に感激!「大恋愛」終幕でムロツヨシの「ありがとう」連発に感激が止まらない!! 】の続きを読む


    岡田将生モデルプレス=12月13日】14日に放送される「東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ 大誘拐2018」(フジテレビ系、午後7:57)がクランクアップを迎え、主演の岡田将生らからコメントが届いた。

    {【さらに写真を見る】賀来賢人、岡田将生は「プライベートでもポンコツ」素顔を明かすhttps://mdpr.jp/news/1801425}

    岡田将生「名残惜しい」 共演者から絶賛される

    『大誘拐』は、100億円の身代金をめぐる、スケールの大きな衝撃のエンタテインメント作品で、週刊文春「20世紀傑作ミステリーベスト10」の第1位を受賞、1991年には映画化もされた昭和の名作。今回は舞台を新たに東海地方に移し、スペシャルドラマ版として放送する。

    誘拐犯のリーダー・戸並健一役の岡田は「撮影期間が短いので、名残惜しい気持ちがあります。でも逆に、その新鮮さの中でたくさんのシーンを撮れたのでいい作品になると思っています」と撮影を振り返り、「ご家族皆さんでテレビの前に座ってもらえると嬉しいです」とアピール

    また、日本有数の大富豪で誘拐される老婦人・柳川とし子役の富司純子は岡田について「堅実な役作りをされる方だと思っておりました。そして実際お逢いして、想像通りの好青年でした」と印象を明かし、愛知県警の刑事、井狩大五郎役の渡部篤郎も「顔がとても美形で、ついそちらの方に目がいきがちですが、お芝居がしっかりしていてとても努力をしている人だと思います。今回は一緒のシーンが少なくて残念でしたが、将生が主演ということなので安心していま」と絶賛している。(modelpress編集部)

    岡田将生コメント

    クランクアップされてのご感想をお願いいたします。

    撮影期間が短いので、名残惜しい気持ちがあります。でも逆に、その新鮮さの中でたくさんのシーンを撮れたのでいい作品になると思っています。出来上がりがとても楽しみですし、(誘拐犯の3人組の)中尾明慶さん、森田甘路さんのおふたりがとてもいい方だったので人見知りの僕でもわりとすぐに馴染めましたし、キャラクターのまま普段もいられたという環境がとても良かったと思っています。

    ― 富司さんが「思った通りの好青年」と岡田さんの印象を話されていました。

    そんなことを言ってくださったんですか? とても嬉しいです。富司さんは品がだだ漏れな方でした(笑)。現場に対する姿勢や居方など、とても綺麗で学ぶことが多かったです。そんな富司さんが今回は柳川とし子というエネルギーのある役を演じられていたのがとても可愛らしくも見えて、共演させていただけて本当に良かったと思います。

    ― 印象に残ったシーンを教えてください。

    僕たち誘拐犯3人と富司さんと4人でいるシーンが多く、プライドの高い大富豪・柳川とし子のキャラクターも相まってか、僕たちを相手に意気揚々とされているそのお姿がとてもキュートで、富司さんのどんどん変わっていく表情もとても素敵で印象的でした。渡部さんとはワンシーンだけの共演でしたが、渡部さんがこのドラマを締めてくださったおかげで、僕は自由にやらせてもらえたというのがありました。実際にお逢いして渡部さんと対峙すると、僕も熱い男の役をやりたいなと思ったのと、やっぱり渡部さんが(ドラマを)締めてくださったんだとお芝居で実感できたので、久しぶりにお仕事を一緒にできて良かったです。

    ― ドラマを楽しみにしている視聴者の方にメッセージをお願いいたします!

    お子さんが観ても楽しめるストーリーだと思いますので、ぜひご家族で観て欲しいです。このちょっとドジでおバカな3人組から目が離せない、そんなストーリーになっていると思いますので、少し早めに夕食を終えて12月14日は、19時57分からご家族皆さんでテレビの前に座ってもらえると嬉しいです。楽しく笑えて、最後には少し考えてもらえるドラマになっていると思います。

    ■富司純子コメント

    クランクアッブされてのご感想をお願いいたします。

    とても楽しい日々を過ごさせていただきました。東海テレビの60周年にお呼びいただいて、この大富豪・柳川とし子をやらせていただいたのもとても光栄に思っています。岡田将生さんをはじめとして、中尾明慶さん、森田甘路さん等、若い俳優さんたち、そして渡部篤郎さん、榊原 郁恵さん(※榊原の榊は木へんに神)ともご一緒させていただきとても楽しかったです。

    ― 改めて岡田さんの印象はいかがでしたでしょうか。

    堅実な役作りをされる方だと思っておりました。そして実際お逢いして、想像通りの好青年でした。

    ― 柳川とし子を演じられての印象、ご苦労点などはありましたか?

    三河弁ベースにした今回のセリフは、私は初めての経験で結構難しかったです。でも、演出の木下(高男)さんがいろいろと注文を出してくださったので、いままでできなかったような演技をさせていただきとても楽しかったです。自分の違う一面を引き出していただいたような気がいたしました。

    ドラマを楽しみにしている視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

    岡田将生さんを初めとして、誘拐をする若い方たちと一緒に仕事ができ、現場もとても楽しかったので、画面にもきっとそういう雰囲気が出ているのではないかと思います。ぜひ、楽しみに観ていただけたらと思います。

    ■渡部篤郎コメント

    クランクアッブされてのご感想をお願いいたします。今回、名古屋弁でお芝居をしたそうで、とてもお上手だったと聞きました。

    僕は答えがわからないですから、方言指導の先生を信じて話しました。ただ、教科書通りではない話し方を知ろうと、(愛知県出身の)佐藤二朗に電話して、自分の台詞を一通り全部聞いてもらいました。“きしゃきゃあけん(記者会見)”と言ったら、「うちのおばあちゃんでも言わない」と、大爆笑していましたね。さらに、“名古屋しにゃ~(市内)、岐阜しにゃ~(市内)”と続けると、「さすがにそれは言わないんじゃないの?」って(笑)。でも、「渡部篤郎が、名古屋弁を話しているところを観てみたい」と二朗に言われたので、そう言ってくれるのなら、それでいいんだなと背中を押してもらいました。

    ― 共演された、岡田さんについて伺いたいです。
     
    (岡田)将生は本当に大好きな俳優で、昔一緒に作品を撮った時にも、とても上手だなと感じていたので、彼の作品はいつも楽しみにしています。顔がとても美形で、ついそちらの方に目がいきがちですが、お芝居がしっかりしていてとても努力をしている人だと思います。今回は一緒のシーンが少なくて残念でしたが、将生が主演ということなので安心しています。

    ドラマを楽しみにしている視聴者の方にメッセージをお願いいたします!
     
    誘拐というテーマですが、コミカルに描いているので、幅広く、多くの方に観ていただければと思います。痛快娯楽になっているといいですね。『大誘拐』という作品は、今後も受け継がれていく素晴らしい名作だと思います。東海テレビ60周年記念のこのドラマは、舞台を東海地方に移しての作品です。地域密着ではありませんが、東海地方の皆さんにもぜひ盛り上がって観てくだされば嬉しいです。名古屋弁、ほっこりしました。

    Not Sponsored 記事】

    岡田将生(C)東海テレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    岡田 (おかだ まさき、1989年8月15日 - )は、日本の俳優。東京都出身。スターダストプロモーション所属。 中学2年生の時に原宿でスカウトされ、当時はバスケットボール部の活動に夢中だったためいったん断るも高校進学後に事務所と連絡を取りデビューに至る。
    49キロバイト (5,559 語) - 2018年12月5日 (水) 14:51



    (出典 news.walkerplus.com)


    そうなんですね!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【俳優】岡田将生への「ドラマ大誘拐2018」 共演者らの思いがいいね!】の続きを読む


    『おっさんずラブ』続編決定も映画化に疑問の声や複雑な意見 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7117830 2018/12/07 17:39
    『おっさんずラブ』続編決定も映画化に疑問の声や複雑な意見
    『おっさんずラブ』続編決定も映画化に疑問の声や複雑な意見
    田中圭主演の連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)続編の映画化が、12月7日に発表された。

    大ヒットドラマとあって、ネット上には歓喜するファンも散見されるが、一部では「なぜ映画化するのか?」という不満も聞かれる。

    「今年4月クールに放送された『おっさんずラブ』は、モテない営業マン・春田創一(田中圭)が、突如、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)や後輩・牧凌太(林遣都)から好意を寄せられるというラブコメディ。“おっさん”たちの恋愛をポップに描きながらも、時に切ないストーリーは、ネット上でも大きな話題となりました」(芸能ライター) 

    ドラマのタイトルが「新語・流行語大賞2018」に選出されるなど、まさに社会現象となった『おっさんずラブ』。

    ネット上でも続編を望む声が多かっただけに、今回の発表を受けて「待ってました!」「どんな内容になるのか楽しみ!」といった書き込みが寄せられている。

    「しかし一方で、『深夜ドラマだから良かったのに、なんで映画化?』『テレビの前でキャーキャー言うのが楽しかった。映画館では恥ずかしい』などと複雑な意見も少なくありません」(同) 

    また、同ドラマで主演を務めた田中の人気も急上昇しているが、「バラエティに出すぎて、田中のイメージ変わってきた」「ちょっと飽きてきた」というコメントも。

    「11月には『女性セブン』(小学館)で、田中が賭け麻雀店を訪れたこと、その足で『おっさんずラブ』の共演者・内田理央と合流し、飲食店に入ったことが報じられました。賭け麻雀は厳密には違法ですし、田中は既婚者なので、『いろいろ疑惑も出てきたし、田中って裏がありそう』『続編って言われても、もう純粋な目で見れないよ』というファンも出てきています」(同) 

    従来のファンの間では田中の“素行不良”も知られてはいたが、『おっさんずラブ』からの新規ファンには引かれてしまっている様子。

    映画は来夏公開だが、ドラマと同じように大ヒットを狙えるかは怪しい。
    【日時】2018年12月07日 14:23
    【提供】サイゾーウーマン


    映画化も決定だお!「おっさんずラブ」新春に一挙放送 映画化も決定だお!「おっさんずラブ」新春に一挙放送
    テレビ朝日系の人気ドラマ「おっさんずラブ」が映画化決定を記念して、1月2日(水)に全話一挙放送(関東ローカル放送 ※他系列局での放送は調整中とのこと…
    (出典:映画(シネマトゥデイ))


    おっさんずラブ』は、2016年12月31日0時40分から1時40分(30日深夜)にテレビ朝日系で『年の瀬 変愛ドラマ第3夜』として単発放送されたテレビドラマ、および2018年4月21日から6月2日まで、毎週土曜日23時15分から翌0時5分の同じくテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠で連続ドラマとして放送されたテレビドラマである。
    53キロバイト (7,331 語) - 2018年12月7日 (金) 01:30



    (出典 www.tv-asahi.co.jp)








    #10 [曽根] :2018/12/07 18:05

    >>0
    大ヒットドラマ?🤔全く知らないんだが🤭深夜ドラマなんて若いガキしか観てないだろ😤


    #1 [匿名さん] :2018/12/07 17:43

    やったー


    #3 [匿名さん] :2018/12/07 17:47

    はるたん


    #4 [匿名さん] :2018/12/07 17:56

    キャストいじって失敗するパターンかね?


    #6 [匿名さん] :2018/12/07 17:59

    *の映画、キモいだけだろ


    #13 [匿名さん] :2018/12/07 18:12

    >>6
    ほんとうにキモいとしか
    子供には観せてはいかんだろう


    #11 [匿名さん] :2018/12/07 18:09

    上映するなら18歳以下禁止にしなければな

    受け付けない


    #14 [匿名さん] :2018/12/07 18:12

    なぜ平均視聴率4%だったドラマを大ヒットドラマと言うのだろうか?
    一般人で日常使っていた人が皆無だった「日本*」が流行語大賞トップ10として表彰されて以来、多くの人にやらせとしか思われていないユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばせたりとか、マスコミにとっては流行っていたことにしたくて仕方がないのだろう


    #16 [匿名さん] :2018/12/07 18:15

    濡れ場が無いと観ない


    #18 [匿名さん] :2018/12/07 18:16

    >>16
    男同士の濡れ場なんか観たいか
    悪寒するだけ


    #19 [匿名さん] :2018/12/07 18:18

    >>18
    察してやれ


    #20 [匿名さん] :2018/12/07 18:19

    >>16おっさんずらぶの濡れ場が見たいの?


    #22 [匿名さん] :2018/12/07 18:21

    深夜ドラマのリアルタイム視聴率に意味は無いんだよ
    その倍の人間が録画で見てる


    #26 [匿名さん] :2018/12/07 18:45

    >>22
    どうした?必死だなw
    TV局関係者か事務所の人間かな?w


    #24 [匿名さん] :2018/12/07 18:34

    とくに日本女性は男女の性愛に関心することをみっとない、はしたないという心理的ブレーキを持ってるから、こういうBLもので代用しちゃうんでしょうね。旦那と見ても罪悪感なく観られるっていう本音の女達が支持するのです。日本女性はまだまだ未発達です。


    #27 [匿名さん] :2018/12/07 18:51

    >>24
    そんな発達ならしても意味ねーだろ
    偉そうに語ってんなアホw


    #25 [匿名さん] :2018/12/07 18:40

    大コケの予感しかしないわけだが


    #39 [匿名さん] :2018/12/07 21:01

    ドラマ見てたけど、あのラストで終わったから良かったんであってあの先に特に期待はしないけどなー


    #57 [匿名さん] :2018/12/08 00:06

    いいじゃないか

    おっさんにだって

    恋心はある


    #58 [匿名さん] :2018/12/08 00:25

    >>57
    キュン


    #61 [匿名さん] :2018/12/08 01:28

    ドラマだけでお腹一杯
    ムリに膨らませなくてもいいカナ


    #70 [匿名さん] :2018/12/08 06:59

    男サイドは興味無いから








    (出典 storage.mantan-web.jp)


    そうなんですね!

    1 ばーど ★ :2018/12/05(水) 23:06:07.54 ID:CAP_USER9.net

    11月中旬、平日の午後3時。週末とは違い人もまばらな東京・お台場の映画館に、松田龍平の姿があった。サングラスをかけただけで人目を気にする様子もない彼は、自動発券機で予約していたチケットを受け取るとそばにいた長身、小顔の女性に1枚手渡した。

    「帽子をかぶっていたので、最初は誰だかわからなかったのですが、よく見たら黒木華ちゃんでした! 松田さんはドラマではガッキーといい感じなので、“えっ、ソッチ!?”ってビックリしちゃいました」(目撃した女性)

     ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で共演中のふたり。作中では、松田演じる恒星と新垣結衣演じる晶が距離を縮めていくが…。

    映画を見ながら肩を寄せ合いーーー

    「ふたりは付き合いの長いカップルって感じでしたね。華ちゃんはほとんどスッピンでした。赤ちゃんみたいにツルツルな肌でしたよ。松田さんにはもうすっかり気を許しているんじゃないでしょうか」(同・目撃した女性)

     松田は'09年にモデルの太田莉菜と結婚。娘が生まれるも、昨年12月に離婚している。松田と黒木は、同ドラマ以外にも'13年の映画『舟を編む』で共演。『けもなれ』の撮影も佳境に入る中、つかの間の休みのふたりのお目当ては、映画『クワイエット・プレイス』だった。

    「全米で大ヒットしたホラー映画で、音を立てるとモンスターが襲ってくるという全編緊張感の絶えない作品。映画好きで知られる華ちゃんですが、ホラーだけは大の苦手だそう」(映画ライター)

     チケットを手にしたふたりは売店でポップコーンを1箱購入。映画を見ながら肩を寄せ合いシェアする姿は恋人のようだったが、双方の所属事務所に聞いてみると、

    「『獣になれない私たち』のキャストの間でこの映画がおもしろいと評判になり、ふたりで行ってみようとなりました。男女のお付き合いではありません」と、口をそろえる。

     映画が終わると、それまで明るかった空も暗くなり、あたりはすっかりイルミネーション。90分もの恐怖の時間を経たふたりは、まばゆい光を横目に駐車場に止めてあった松田の車へ。

     ドライブデートにはどんな続きがあったのかしら?

    2018年12月5日 21時0分
    週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/15697206/


    【【俳優】ドラマ「獣なれ」で共演の松田龍平と黒木華がお台場デートか?】の続きを読む


     俳優の城田優が4日に自身のインスタグラムに、妹でモデルとして活動中のLINAの写真を投稿。ファンは「神レベル」「仲よすぎ!和むわぁ」などの反応を示している。

    【写真】城田優「とてもいい感じに撮れた」妹LINAの写真

     城田がインスタグラムに「妹がとてもいい感じに撮れたので、載せておきますね」というキャプションとともに投稿した写真には、どこかに目を向けるLINAの横顔が収められている。城田といえば先月の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系/毎週月曜21時)にて、5兄妹とスペインまれの母親ペピー・フェルナンデスさんとの一家団らんが紹介されたことが記憶に新しい。城田は「#兄ばか #一体何をみてるのかしら #憂いを帯びた表情」などとハッシュタグを添えている。

     城田のLINAに対する兄バカな一面が垣間見えた投稿に対して、ファンからは「いつ見てもウットリ」「神レベル」「仲の良いご兄妹ですね」「妹さんをこんな風にストレートに愛している城田さんもステキです」「自慢の妹だね!!可愛いね」「仲よすぎ!和むわぁ」などのコメントが寄せられている。

    引用:https://www.instagram.com/yu_shirota/

    城田優 クランクイン!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    城田 (しろた ゆう、スペイン語:Yu Shirota Fernández、1985年12月26日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、シンガーソングライター。 東京都出身。私立堀越高等学校 卒業。同級生に上戸彩、蒼井優、山下智久らがいる。身長190cm、靴のサイズ29
    53キロバイト (6,390 語) - 2018年11月30日 (金) 13:23



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    いいんじゃないですかね(^o^)

    <このニュースへのネットの反応>

    【【俳優】城田優、妹LINAの写真を公開!“兄バカ”な一面にファン和む!!】の続きを読む

    このページのトップヘ