芸能ニュースまとめネット

2chのアイドル・女優・モデル・タレント・ミュージシャン等の芸能ネタを中心にワイドにまとめています。
貴方の気になるニュースを見つけて下さい。

    カテゴリ:その他 >


    批判殺到「ちょうどいいブス」Twitterユーザーの92.7%が否定派 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7124343 2018/12/10 22:13
    批判殺到「ちょうどいいブス」Twitterユーザーの92.7%が否定派
    批判殺到「ちょうどいいブス」Twitterユーザーの92.7%が否定派
    「モテない美人よりモテるブス」――「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)の1月10日スタートが発表され、「ちょうどいいブス」のフレーズに対して、さまざまな批判が寄せられています。

    原作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんによる同名エッセイ。

    エッセイは山崎さんの「モテ技」がまとまったものですが、ドラマ版では「自己表現下手くそブス」「融通利かないブス」「開き直りブス」といった“現在、イケてない”3人の女子の前に、「ちょうどいいブスの神様」が現れ、「ちょうどいいブス」になるための手ほどきを受ける、というストーリーとなっています。

     「『私って、美人じゃないけど、ブスでもない…』そんな方にこそ、ご提案したい…。『もしかしたら私、ブスなんじゃないかな』と一度、仮定してみませんか?」

     「あなたたちの生き方は間違いだらけ! それこそがブス! まずは自分が思っている以上に自分がブスであることを受け入れなさい!」

     こうした“教え”に、ネット上はどういった反応を示したのか。ねとらぼ調査隊が調べてみました。

    ■盛り上がり

     ドラマ化が報じられた12月4日からツイートが急増し..



    【日時】2018年12月10日 14:35
    【ソース】ねとらぼ


    ちょうどいいブスのススメ 』は、お笑いタレントの山﨑ケイ(相席スタート)によるエッセイ。主婦の友社の情報サイト「Tokyo Cawaii Media〈トウキョウ カワイイ メディア〉」に連載のコラムに書き下ろしパートを加え、2018年4月25日に主婦の友社より書籍化された。自称「ちょうどいいブス」
    9キロバイト (641 語) - 2018年12月7日 (金) 17:49



    (出典 www.lmaga.jp)








    #14 [匿名さん] :2018/12/10 22:21

    >>0
    夏菜まじかわいい❤❤


    #44 [匿名さん] :2018/12/10 22:29

    >>0
    女性差別


    #54 [匿名さん] :2018/12/10 22:32

    >>0
    剛力がちょうどいい*


    #3 [匿名さん] :2018/12/10 22:18

    介護施設のじいさんがファミレスで*がどうのこうのとか大声で盛り上がってて、お前が言うなって思った


    #4 [匿名さん] :2018/12/10 22:18

    嫌なら見るな、クソ*ども


    #5 [匿名さん] :2018/12/10 22:18

    どこが*だよ。ちょうどいい*って森三中村上とかだけどな俺的には。


    #8 [匿名さん] :2018/12/10 22:20


    なんで夏菜?


    #9 [匿名さん] :2018/12/10 22:20

    俺のちょうどよい*は藤田ニコル


    #12 [匿名さん] :2018/12/10 22:21

    >>9
    それ思った。


    #34 [匿名さん] :2018/12/10 22:28

    >>9
    藤田ニコルは**の部類


    #39 [匿名さん] :2018/12/10 22:29

    >>34
    歳を取れば取るほど*になるハーフ顔


    #15 [匿名さん] :2018/12/10 22:21

    ゴーリキーは?


    #20 [匿名さん] :2018/12/10 22:22

    >>15
    シンプルに*


    #25 [匿名さん] :2018/12/10 22:23

    >>20
    だよね笑


    #16 [匿名さん] :2018/12/10 22:22

    ちょうどいい*


    #22 [匿名さん] :2018/12/10 22:23

    >>16
    ゴーリキー?


    #28 [匿名さん] :2018/12/10 22:25

    *の上限と美人の下限の境界にいるのは誰だろ?俺の感覚だと少し古いが観月ありさだと思う。みなさんはどう?


    #42 [匿名さん] :2018/12/10 22:29

    >>28 林田リンダ


    #30 [匿名さん] :2018/12/10 22:26

    俺的には
    剛力は内角高めのストライク


    #32 [匿名さん] :2018/12/10 22:27

    >>30
    そう?俺的にはパームとかナックルみたいなボールで、ストライクゾーン抜きに振るか振らないか選択を迫られる感じの子だと思う。ちなみに見逃せば全部ボール。


    #38 [匿名さん] :2018/12/10 22:28

    >>32
    だからお前は
    全ての女に三振するんだろwww


    #36 [匿名さん] :2018/12/10 22:28

    さんまさん
    なんでゴーリキーか好きなんだろう


    #46 [匿名さん] :2018/12/10 22:29

    >>36
    あの子だと当たり障りないから。


    #49 [匿名さん] :2018/12/10 22:30

    >>46
    なるほど
    さんま*好きだったけど
    ゴーリキーって*だよね


    #45 [匿名さん] :2018/12/10 22:29

    美人ほど告る勇気が必要だから競争率低い。
    玉砕ものともせず突撃すれば、道は開ける。


    #50 [匿名さん] :2018/12/10 22:30

    >>45
    穴場になってること、あるにはあるけど、やっぱ少ないよ


    #61 [匿名さん] :2018/12/10 22:34

    坂口杏里はちょうどいい*だろ。
    てか汚い女って感じ。


    #67 [匿名さん] :2018/12/10 22:37

    >>61
    丁度いい*と言うより
    *確定


    #63 [匿名さん] :2018/12/10 22:35

    美人は疲れる
    一緒にいて楽しいのは
    丁度いい*


    #73 [匿名さん] :2018/12/10 22:40

    やはり
    ちょうどいい*は
    渡辺直美


    #75 [匿名さん] :2018/12/10 22:41

    >>73
    トゥーファット!


    #76 [匿名さん] :2018/12/10 22:41

    >>73
    あれはオレの中では可愛い部類やぞ


    #77 [匿名さん] :2018/12/10 22:42

    >>76
    マスコット的な可愛さだろ。その点、柳原可奈子はリアルにちょうどいい*。つーか、可愛いに入ってるかも、俺ん中でな。


    #88 [匿名さん] :2018/12/10 22:46

    >>73>>77
    ちょうどいい「デブ」では?


    #78 [匿名さん] :2018/12/10 22:42

    愛嬌有る可愛げ有る子は良いよ。安心感と言うか、落ち着ける。可愛くてもキツい子や性格にムラ有る子は疲れるよ。


    #80 [匿名さん] :2018/12/10 22:43

    >>78
    疲れたらどうなんだ?関係なくね?


    #79 [匿名さん] :2018/12/10 22:43

    美人にフラれても仕方ないと思う
    *にフラれたら傷つく


    #81 [匿名さん] :2018/12/10 22:44

    >>79
    その場合、美人のみに告白すればいいの?


    #89 [匿名さん] :2018/12/10 22:46

    わかりやすく言うとチェンジじゃなくう〜ん、いらっしゃい。


    #99 [匿名さん] :2018/12/10 22:51

    ちょうどいい*と一緒にいるとなんか落ち着く
    昔、スゲー美人とデートしたときは落ち着かなかったわ
    緊張するって言うか場違いって言うか








    (出典 www.viewhotels.co.jp)


    ホントに不自然な報道ですね(>_<)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/22(木) 21:18:57.93 ID:CAP_USER9.net

    芸能プロ社長によるパワハラ疑惑問題で、同事務所の元社員・Aさんが会見を開いた。11月21日発売の『週刊新潮』でもAさんの告発内容が記されており、ネット上では怒りの声が続出している。

    『デイリー新潮』がYouTubeで公開している動画には、パワハラの様子がしっかりと映し出されていた。
    Aさんは何者かに頭をつかまれ、ぐつぐつと煮えている鍋に顔を思いっきりツッコまれている。
    「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ」と社長からAさんは脅されたそうだが、パワハラは日常的に繰り返されており、一種の洗脳状態にあったとか。

    この事件は各メディアでも報道され、22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、坂上忍や薬丸裕英が「ヘドがでる!」などこぞって社長を批判した。

    実名報道しないマスコミに怒り!
    しかしネット上ではメディアの報道姿勢について、

    《反吐が出るなら、生放送で芸能プロダクションの会社名と社長の写真と名前を出すべきだよな》
    《事務所名を明かさないのは、芸能界の闇だと思う》
    《今後のためにも被害者の彼のためにも芸能事務所名を公表しましょう。報道規制は許しません》
    《事務所名と社長の顔写真付きで名前を公表すべき》

    などといった批判的な声が続出。

    前北海道議会議員の小野寺まさる氏も、ツイッターで

    《で、そのヘドが出る芸能プロ事務所は何処で社長の名前はなんと言うのですか? それを一切報道しないで良いのですか? 正義面しながら仲間を守るとは、笑止千万(笑)》

    と怒りのコメントをつづっている。

    タレントのフィフィもツイッターで、

    《芸能プロの名前がずっと伏せられてるのも謎》

    と苦言を呈した。

    ネット上では既に社長が特定され、拡散されている状態。果たして、芸能界が実名報道にすぐに切り替えないのはなぜか。
    一部のテレビ関係者から「現場から『もうちょっと名前を伏せて引っ張りましょう!』なんて声もあるみたい」というオゾマシイ話も聞こえているが…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1581308/
    2018.11.22 18:00 まいじつ


    【【怒り】芸能界の闇なの?「芸能プロ社長の「虐待と暴力」!何故『実名報道』をしない!!】の続きを読む



    (出典 cont-daidokolog.pal-system.co.jp)


    人がやることか、酷すぎる!

    1 豆次郎 ★ :2018/11/21(水) 02:06:20.80 ID:CAP_USER9.net

    2018年11月29日号掲載

     雑誌『Popteen』の元モデルなどが所属する東京・渋谷区の芸能プロダクションが主催した忘年会で、そのパワハラは起こった。“加害者”は当時25歳の芸能プロ社長で、“被害者”は当時23歳の従業員。2015年12月20日の出来事である。

     本誌(「週刊新潮」)が入手した動画に映っていたのは、頭を押さえられた従業員が、しゃぶしゃぶ鍋に顔をつけられるという、衝撃の様子だ。もちろん、コンロの火はついたまま。女性の悲鳴がひびき、苦悶の表情を浮かべた従業員はのけぞる……。

     後遺症の残る可能性がある熱傷を負った従業員は、“社長からの日常的なパワハラで精神的に追い詰められていた”と当時を振り返る。

    「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ”と囃されて……」

     一方の社長は取材に対し、“悪ふざけだった”旨を文書で回答。従業員は刑事告訴も検討しているという。11月21日発売の週刊新潮で詳しく報じると共に、現在デイリー新潮にてパワハラ動画を公開中である。

    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11201700/?all=1
    動画↓
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11201700/?all=1&page=2

    ★1がたった時間:2018/11/20(火) 17:33:31.41
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542727609/


    【【パワハラ】これは酷すぎる!煮えたぎる鍋に部下の顔を…芸能プロ社長の凄絶パワハラ動画を公開!!】の続きを読む


    報道ステーション』(ほうどうステーション)は、テレビ朝日系列(ANN)で2004年(平成16年)4月5日から月 - 金曜日の22時台に生放送されている報道番組。 放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日か
    113キロバイト (11,174 語) - 2018年9月7日 (金) 05:13



    (出典 dev.mi.mir-web01.byd-svr.info)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/07(金) 07:16:20.90 ID:CAP_USER9.net

    5日、テレビ朝日が『報道ステーション』の放送時間を「10月から5分間拡大する」と発表した。

    これは、都内で行われたテレビ朝日の10月改編説明会で発表されたもので、月曜日から木曜日までの放送時間が21時54分から23時15分までと5分拡大することになった。
    既報の通り、小川彩佳アナは降板となり、富川悠太アナに加え、元テレビ朝日アナウンサーで内村光良夫人の徳永有美が新たに担当。2人MCとして新たなスタートを切る。

    そして、金曜日については時間据え置きで、竹内由恵・小木逸平両アナがMCを担当する。
    5分拡大の意図について赤津一彦編成部長は、「原点である中学生でもわかるニュースに立ち返る」と説明。
    また、「スポーツ番組の視聴率が高くなっている」とし、拡大した時間をスポーツに充てる意向を示した。

    富川・徳永体制に加え、5分拡大とかなり「力」を入れた感じの『報道ステーション』だが、ネットユーザーの反応は厳しい。
    大阪地震発生時には、ブロック塀が崩れ下敷きになって死亡した小学生女児の同級生に「どんな気持ち?」とインタビューしたうえ、最終的に安倍政権への批判につなげ炎上。

    そして、9月の台風21号被害の際にも、テレビ朝日報道局を名乗るTwitterアカウントが被害動画をアップロードする個人ユーザーに
    「フォローしてDMしてほしい」と片っ端からリプライを飛ばし、不快感を示すネットユーザーが続出している。

    さらに、体操女子のパワハラ問題では、渦中の宮川紗江選手に対し、テレビ朝日所属のコメンテーターが一方的に日本体操協会の意を汲んだと思われるような
    「攻撃」を行うなど、その放送内容が何かと「偏っている」と批判を受けている状況だ。

    そのような状況下での「5分拡大」に、一部ネットユーザーからは「意味がわからない」「まずその報道姿勢を改めるべきだ」「むしろ規模を縮小するべきだ」と、怒りの声が上がっている。

    『報道ステーション』は、久米宏が長年担当した『ニュースステーション』の後継番組で、テレビ朝日系列の看板番組。
    しかし昨今は、インターネットの普及とともに、与党のみを批判する報道姿勢が「偏向」していると指摘されているほか、災害時の被災者感情を無視した取材方法も批判されている。

    リニューアルは主に「スポーツに力を入れるため」とのことだが、その報道姿勢や取材方法についても考えを改める必要があるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1516632/
    2018.09.06 22:00 リアルライブ


    【【報道】 視聴者から「意味が分からない」の声!!新『報道ステーション』の放送枠が拡大?!!】の続きを読む



    (出典 bodysonic.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/04(火) 15:06:17.44 ID:CAP_USER9.net

    漫画家・さくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなった。享年53歳、日本中が若すぎる死を悼み、その才能を惜しんだ。
    だが、亡くなってはじめて、さくらさんの10年にも及ぶ闘病生活が明かされ、その取り組みに驚いた方も多かったようだ。

    「さくらさんは切除手術は受けていましたが、抗がん剤は使わないと決めていました。代わりにハマっていったのが、いわゆる民間療法です。
    20代後半から続ける飲尿療法をはじめ、寝る時に愛用した備長炭のマットや、波動を測定するドイツ発祥の『バイオレゾナンス』なる治療法も取り入れていました。
    また、世界中のパワースポットを回っていたのも”スピリチュアルな力でがんを克服しようとしていたのかもしれません」(週刊誌記者)

    さくらが晩年、宇宙や精神世界、死後の世界などスピリチュアル方面に傾倒していたのは著書からも知られている。
    だが、なぜ傍目から見ても”怪しい”民間療法に、さくらはハマっていったのか。

    「民間療法にハマったのはさくらだけではありません。
    小林麻央(享年34・乳がん)や川島なお美(54)ら、知性派と言われる芸能人ほど、ガンになった途端、すがるように民間療法を選んでいます。
    小林は乳房を切除しない『水素温熱免疫療法』なる治療を選び、1億円とも言われる治療費を支払っています。
    結局、その”クリニック”は医療届を出しておらず、その後、業務停止命令を受けています。
    川島は『純金製の棒で、気の力を使って病気の根源の邪気を取り除く』”ごしんじょう療法”なる治療に傾倒していきました」(同記者)

    ほかにも芸能人では、忌野清志郎(享年58歳・がん性リンパ管症)や緒形拳(享年71歳・肝臓がん)も一時は「玄米菜食法(マクロビオテック)で癌が消えた」としながらも、
    完全な克服はできず結果的には”進行を早めた”との見方も強い。
    最近では、竹原慎二(46)や山本KID徳郁(41)も民間療法を選択しているという。

    がんは1981年以来、日本人の死因の1位であり、誰もが人ごとではない。
    国立がんセンターでは「補完代替療法(民間療法)には、治療効果が証明されるもの、治療法として勧められるものは現段階では一つもない」と明言している。
    もちろん科学だけが万能というわけではないし、選択も個人の自由である。
    もしもの時には、貴方も民間療法を選ぶだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1514858/
    2018.09.04 09:55 デイリーニュースオンライン


    【【黒い罠】怪しすぎる「がん民間療法」の黒い罠!!さくらももこだけじゃない?小林麻央ら芸能人がハマる怪しすぎる民間療法!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ