芸能ニュースまとめネット

2chのアイドル・女優・モデル・タレント・ミュージシャン等の芸能ネタを中心にワイドにまとめています。
貴方の気になるニュースを見つけて下さい。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはMF、FW。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    82キロバイト (8,361 語) - 2018年8月28日 (火) 01:19



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/09/01(土) 07:47:17.45 ID:CAP_USER9.net

    9/1(土) 7:40配信
    香川真司、ドルトムント残留が濃厚に。移籍市場最終日に動きなし

     ボルシア・ドルトムントのMF香川真司は、今夏の移籍が噂になったが、このまま残留することになるよりそうだ。今夏の移籍市場がクローズとなった。


     香川は今夏、トルコのベシクタシュやスペインのセビージャへの移籍が取り沙汰された。

     だが、ベシクタシュは8月31日にトリノからFWアデム・リャイッチをレンタルで獲得。必要としていた「10番タイプ」の補強を完了させている。

     セビージャは移籍市場最終日にMFガンソをフランスのアミアンに放出。トップ下に空きができたと思われたが、香川獲得の情報は出ていない。

     クラブ間の取引や移籍の手続きを済ませており、移籍市場が終わってから公表となるケースもあるが、現時点で交渉があるという情報はない。香川のドルトムント残留は濃厚と言えそうだ。

     今季はまだベンチ入りメンバーに入っていない香川。新シーズンは難しいスタートになるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00287670-footballc-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【残留】移籍市場最終日に動きなく、香川真司ドルトムント残留が濃厚に!!】の続きを読む


    本田 (ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。 大阪府摂津市出身。両親は本田が小学2年生の
    108キロバイト (11,670 語) - 2018年8月12日 (日) 09:58



    (出典 dol.ismcdn.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/08/12(日) 14:37:10.38 ID:CAP_USER9.net

    8/12(日) 14:23配信
     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MFで、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りする本田圭佑(32)が、サッカー・カンボジア代表の実質的な監督に就任した。


     12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟(FFC)と本田が会見した。指導者ライセンスを持たず、何より現役選手であるため、本田は同国代表チームのゼネラルマネジャー(GM)的な立場でA代表の強化を取り仕切ることになる。

     本田の所属事務所によると、会見での本田のスピーチの一部は次の通り。

     「みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。

     先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。

     そんな中でカンボジアサッカー連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました。

     こういった形の契約は世界どこをみても、はじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝しています。

     私にとって初めての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。

     ミッションが2つあります。

     1つは、カンボジア・サッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションの1つです。

     これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。

     サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションの1つとして掲げます。

     2めは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。

     何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしていくつもりでいます。

     さらに、1番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。

     もう1度繰り返しますが、1つはサッカーのスタイルと確立すること。2つめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00297446-nksports-socc


    【【就任】本田圭佑がカンボジア代表チームの実質的監督に就任!!!】の続きを読む


    アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・アルバセーテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。スペイン代表。ポジションはミッドフィールダー。 スペインのメディアからはDon
    78キロバイト (8,380 語) - 2018年8月11日 (土) 12:48



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/12(日) 01:48:23.32 ID:CAP_USER9.net

    神戸イニエスタがJリーグ初ゴール 初コンビのポドルスキがアシスト
    8/11(土) 19:22配信 デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/soccer/2018/08/11/0011534431.shtml
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000109-dal-socc

    「明治安田生命J1、神戸-磐田」(11日、ノエビアスタジアム)

    神戸のMFイニエスタとFWポドルスキが先発し、公式戦で初のコンビを組むことに注目があつまった。前半15分にイニエスタがポドルスキのアシストで先制ゴールを奪った。
    イニエスタが左インサイドハーフ、ポドルスキは右サイドに張り出すような形のフォーメーションとなった。

    ゴールシーンは右サイドから持ち込んだポドルスキが前方へ強いゴロのパスを出した。これをエリア内で受けたイニエスタが右足で自分の方に引きつけるようにトラップし磐田のDF大井をワンタッチでかわした。さらに持ち込むとGKカミンスキーを難なくかわしてゴールに流し込んだ。

    W杯で優勝経験を持つ2人はさすがの存在感を示しており、前半11分にはポドルスキが強烈なミドル。13分には右からのポドルスキの強いパスを右足に吸い付けるようにイニエスタがトラップし観衆を沸かせた。


    前半ゴールを決めた神戸・イニエスタ(左)と抱き合って喜ぶポドルスキ=ノエビアスタジアム

    (出典 i.daily.jp)


    前半、シュートを決める神戸のアンドレス・イニエスタ=ノエビアスタジアム(撮影・持木克友)

    (出典 i.daily.jp)


    前半、ゴールを決めたアンドレス・イニエスタ(中)とハイタッチを交わすルーカス・ポドルスキ=ノエビアスタジアム(撮影・持木克友)

    (出典 i.daily.jp)


    イニエスタゴール動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1028225889874657282/pu/vid/1280x720/JDuon1jVX6UMB1Dp.mp4

    https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1028225965846155265


    (出典 i.imgur.com)


    ★1がたった時間:2018/08/11(土) 19:34:18.53
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533994971/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【初】ヴィッセル神戸のMFイニエスタがJリーグ初ゴール!!! 】の続きを読む


    香川 真司(かがわ しんじ、1989年3月17日 - )は、兵庫県神戸市垂水区出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。 幼稚園に通っていた頃からサッカーを始め、小学校1年生となった1995年から地元のマリノFC
    82キロバイト (8,352 語) - 2018年8月2日 (木) 01:42



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/06(月) 20:30:59.83 ID:CAP_USER9.net

    ドイツ1部ドルトムントの日本代表MF香川真司(29)が今夏のイングランド移籍を断念へ――。ロシアW杯では日本の10番としてベスト16進出の原動力となり、欧州各クラブからの評価もうなぎ上り。移籍先として熱望していたイングランド・プレミアリーグのトットナムから獲得への関心が寄せられたものの、意外にも低評価で今夏はドイツに残留することが濃厚となった。

     W杯では日本を決勝トーナメント進出へと導く活躍を見せ、世界から高く評価された香川は、今夏にドイツから他国リーグへの新たな挑戦を視野に入れていた。しかし欧州事情に詳しいJクラブ強化担当者は「香川は今回はひとまず(ドルトムントに)残るのではないか」との見解を示した。

     香川は新天地としてマンチェスター・ユナイテッドで2014年夏までプレーしたイングランド・プレミアリーグ復帰を第一希望としていた。だが、水面下で中堅クラブからのオファーはあったものの、条件の一つとする今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)や欧州リーグ(EL)の出場権を持つ強豪クラブからオファーは届かなかった。

     それでも、イングランド・プレミアリーグの移籍期限となる9日を前に動きがあった。関係者によると、昨季リーグ3位でCL出場権を持つ強豪トットナムが香川に関心を示しているという。トットナムは今夏の補強が進んでおらず、新入団がゼロという異常事態。かつてエスパニョール(スペイン)でMF中村俊輔、サウサンプトン(イングランド)でDF吉田麻也を指導したマウリシオ・ポッチェティーノ監督(46)は新戦力を要望し、香川に白羽の矢が立った。

     しかし、トットナムにとっては、あくまで補強を実施する場合に一つの選択肢という考えで香川に対する評価は決して高いものではなかった。「(移籍金でも)ドルトムント側と条件などの面から折り合うことはないのではないか」と香川の関係者が話すように、電撃移籍が実現する可能性は低いというのが実情だ。

     すでに香川の獲得に乗り出しているトルコ1部ベシクタシュをはじめ、イングランド以外のクラブからは依然として高い関心があり、移籍は流動的な部分もある。ただ、すでに各クラブもチーム編成は固まりつつあり、焦って移籍するよりも冬の市場で新天地を模索したほうが賢明という判断もあるという。

     特にドルトムントがCL出場権を持つことも香川を残留へと傾けている模様だ。“本命”のイングランド復帰に向け、まずは現チームで活躍し、アピールを続ける。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000041-tospoweb-socc


    【【断念】ドイツ1部ドルトムントの 香川香川真司は、今夏のイングランド移籍を断念!!!】の続きを読む


    本田 (ほんだ けいすけ、1986年6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。日本人アスリート初のMIT特別研究員、就任期間2年。 大阪府摂津市出身。両親は本田が小学2年生の
    107キロバイト (11,608 語) - 2018年8月6日 (月) 13:11



    (出典 the-ans.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/08/06(月) 09:16:51.55 ID:CAP_USER9.net

    オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーは6日、元日本代表MF本田圭佑の加入が決まったと発表した。契約期間は2018-19シーズンとされ、「クラブ史上最大の契約」とも公式HPに記されている。

    去就に注目が集まっていた本田については、オーストラリアメディア『SBS』がメルボルン・ビクトリーと1年契約を締結する見通しであると報じていた。
    年俸は290万ドル(約3億2000万円)で、同クラブが130万ドル、残りの160万ドルはオーストラリアサッカー連盟(FFA)と『FOX SPORTS』が支払うことになるという。

     そして本田は2日、インターネットテレビ番組『AbemaTV』に生出演。番組の最後にオーストラリア移籍の可能性を問われると「イエスです! ただ交渉は最後まで分からないので、待っていてもらえると」とコメントしていた。

     本田はパチューカとの契約が満了となり、フリートランスファーとなっていた。2018 FIFAワールドカップ ロシアを終え、現役引退の可能性も含めて去就に注目が集まっていたが、新天地がついに決定。オランダ、ロシア、イタリア、メキシコと海外クラブを渡り歩いてきたが、次のチャレンジはオーストラリアが舞台となることが決まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00804670-soccerk-socc


    【【サッカー】 本田圭佑、新天地は豪州メルボルン・ビクトリーか!?年俸は290万ドル(3億2000万円)】の続きを読む

    このページのトップヘ